• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受動喫煙防止 迷走する健康増進法改正の行方

 受動喫煙防止対策強化の法規制である健康増進法改正案を今国会に提出、成立させたい厚労省と自民党は水面下での調整を続けている。24日は自民党の茂木敏充政調会長と塩崎恭久厚労相が協議したが、塩崎氏が自民案に同調せず、議論は物別れに終わった。

 厚労省サイドが執着するのは、先週、自民党に示した緩和案の時限措置である。緩和案の内容は法律の施行後、数年間は激変緩和措置として、「喫煙可能」「分煙」などの表示をすれば、小規模の居酒屋や焼き鳥屋などでは喫煙できるというもの。ただし、いくつかの条件がある。①従業員と利用客はいずれも20歳以上(未成年の入店禁止、未成年の従業員禁止)②従業員雇用や求人広告で受動喫煙の恐れがあることを明示③健康被害が生じる恐れの表示などだ。

 今月15日に開かれた自民党厚労部会で異論が噴出して、結論は先送り。その結果が冒頭の緩和案となったわけだが、内容は、一見すると緩和されたように見えるが、見逃せないのは新たな追加措置が設けられていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る