• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

分煙と清掃活動に取り組む「関西たばこ問題を考える会」

 3月22日。大阪市内のホテルで「関西たばこ問題を考える会」の第30回総会が行われた。この会は「喫煙者と非喫煙者とが共存できる社会を実現する」ことを目的に設立された愛煙家の団体で、分煙環境整備(喫煙場所設置)に向けた活動や街の環境美化のための定期的な清掃活動などを行っている。会員数は233人。

 会合であいさつに立った松原大豊会長は、受動喫煙防止対策強化検討チーム発足以降の、厚労省を中心とした政府の法規制強化(健康増進法改正)に向けた動きを振り返りながら、「厚労省は是が非でも立法措置を推し進めようと、矢継ぎ早に手を打ち、周到に外堀を埋め、本丸での攻防に移っている」と、一方的で性急な動きに警鐘を鳴らしたうえで、こう続けた。

「ここ数年、分煙への理解が進み始めたと感じていた。吸う人、吸わない人、お互いが納得できる分煙社会のあり方、日本流の分煙社会というものがあると強く期待しています」と訴えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る