迷走続く喫煙規制<3>東京都のパブリックコメントの多さ

公開日:

 国(厚労省)が進める受動喫煙防止対策の法規制とは別に、東京都が2019年のラグビーW杯までの施行を目指し、独自の条例づくりに向けて突き進んでいる。11月中旬に明らかになった厚労省の新案に対して、小池都知事は「広さで言うと、かなり甘いという印象だ」「本当にやる気があるのかということを問いたい」と批判してみせた。

 都が進める条例案の「考え方」によると、喫煙可能となる飲食店などは「面積30平方メートル以下で、従業員を使用しない店、又は全従業員が同意した店、かつ未成年者を立ち入らせない店」という厳格なものとなっている。小池氏の厚労省批判は、「我こそが正義」という自負心の表れなのだろうか。

 ところが、民意はそんな強硬路線に待ったをかけようとしている。11月27日、都は「考え方」に対するパブリックコメント(意見公募=9月8日から10月6日)の結果を発表した。提出者は5085人(喫煙者2034人、非喫煙者2766人)で意見の総数は1万6972件と、パブコメとしては異例の多さとなった。内訳を見ると、都の「考え方」に「賛成」は6464件、「一部反対」3185件、「反対」5007件、「その他」2316件で、一部を含めた反対が8192件と賛成を大きく上回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る