• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷走続く喫煙規制<1> 厚労省の検討案は「後退」なのか

 今月中旬、受動喫煙防止対策強化に向けた健康増進法改正の「厚労省新案」なるものが突然明らかになった。大手紙が1面トップで「喫煙可 150平方メートル以下」などとぶち上げたのである。さっそく他のメディアも追随し、「厚労省新案」は一気に既成事実化しようとしている。

 新案のポイントは3つ。

①喫煙可能としてきた小規模飲食店の面積基準が当初案の30平方メートル以下から150平方メートル以下に

②(改正法の)施行時点で開業している店舗が対象で、新規開業は認めない

③大手チェーンの店舗は認めない

 こうした内容を紹介しながら、新聞各紙には「後退」の文字が躍った。2020年の東京五輪までの施行を目指すには来年の通常国会で成立させなければならず、「法成立を優先する厚労省が譲歩した」という解説だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る