迷走続く喫煙規制<1> 厚労省の検討案は「後退」なのか

公開日:

 今月中旬、受動喫煙防止対策強化に向けた健康増進法改正の「厚労省新案」なるものが突然明らかになった。大手紙が1面トップで「喫煙可 150平方メートル以下」などとぶち上げたのである。さっそく他のメディアも追随し、「厚労省新案」は一気に既成事実化しようとしている。

 新案のポイントは3つ。

①喫煙可能としてきた小規模飲食店の面積基準が当初案の30平方メートル以下から150平方メートル以下に

②(改正法の)施行時点で開業している店舗が対象で、新規開業は認めない

③大手チェーンの店舗は認めない

 こうした内容を紹介しながら、新聞各紙には「後退」の文字が躍った。2020年の東京五輪までの施行を目指すには来年の通常国会で成立させなければならず、「法成立を優先する厚労省が譲歩した」という解説だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る