• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷走続く喫煙規制<2>厚労省新案の疑問点と問題点

 今月中旬に明らかになった受動喫煙防止対策の厚労省新案は、3月に公表した旧案に比べ現実的な方向になったとはいえ、疑問点、問題点も少なくない。

①大手チェーン店は喫煙不可。

 大手と中小の基準、線引きが不透明だ。資本金、売り上げ、従業員、チェーン展開規模、いったいどんな基準を設けるのか。大手はダメの根拠と、全体の面積基準との整合性はどうなのか。

 また、大手チェーン店といっても居酒屋、ファミレス、喫茶店では客層が異なる。すべてを一律で扱うのは現実的ではない。これまでの取り組みへの配慮も気になる点だ。大手チェーンは分煙対策に力を入れ、喫煙室を設けるなど設備投資を行ってきたが、既存の喫煙室は認められるのか。

②新規開業の店舗は喫煙不可。

 これはまったく意味不明だ。参入障壁の低い飲食業は、脱サラ組や他業種からなどの新規参入者が多い事業。苦労して独立し、小さな店を構えようとしている事業者などのやる気、夢をつんでしまいかねない。憲法22条は職業選択の自由を規定しているが、最初から制限付きの自由に狭められてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る