迷走続く喫煙規制<2>厚労省新案の疑問点と問題点

公開日: 更新日:

 今月中旬に明らかになった受動喫煙防止対策の厚労省新案は、3月に公表した旧案に比べ現実的な方向になったとはいえ、疑問点、問題点も少なくない。

①大手チェーン店は喫煙不可。

 大手と中小の基準、線引きが不透明だ。資本金、売り上げ、従業員、チェーン展開規模、いったいどんな基準を設けるのか。大手はダメの根拠と、全体の面積基準との整合性はどうなのか。

 また、大手チェーン店といっても居酒屋、ファミレス、喫茶店では客層が異なる。すべてを一律で扱うのは現実的ではない。これまでの取り組みへの配慮も気になる点だ。大手チェーンは分煙対策に力を入れ、喫煙室を設けるなど設備投資を行ってきたが、既存の喫煙室は認められるのか。

②新規開業の店舗は喫煙不可。

 これはまったく意味不明だ。参入障壁の低い飲食業は、脱サラ組や他業種からなどの新規参入者が多い事業。苦労して独立し、小さな店を構えようとしている事業者などのやる気、夢をつんでしまいかねない。憲法22条は職業選択の自由を規定しているが、最初から制限付きの自由に狭められてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

もっと見る