迷走続く喫煙規制<2>厚労省新案の疑問点と問題点

公開日:  更新日:

 今月中旬に明らかになった受動喫煙防止対策の厚労省新案は、3月に公表した旧案に比べ現実的な方向になったとはいえ、疑問点、問題点も少なくない。

①大手チェーン店は喫煙不可。

 大手と中小の基準、線引きが不透明だ。資本金、売り上げ、従業員、チェーン展開規模、いったいどんな基準を設けるのか。大手はダメの根拠と、全体の面積基準との整合性はどうなのか。

 また、大手チェーン店といっても居酒屋、ファミレス、喫茶店では客層が異なる。すべてを一律で扱うのは現実的ではない。これまでの取り組みへの配慮も気になる点だ。大手チェーンは分煙対策に力を入れ、喫煙室を設けるなど設備投資を行ってきたが、既存の喫煙室は認められるのか。

②新規開業の店舗は喫煙不可。

 これはまったく意味不明だ。参入障壁の低い飲食業は、脱サラ組や他業種からなどの新規参入者が多い事業。苦労して独立し、小さな店を構えようとしている事業者などのやる気、夢をつんでしまいかねない。憲法22条は職業選択の自由を規定しているが、最初から制限付きの自由に狭められてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る