再評価されるカセットテープ なぜ若者は夢中になったのか

公開日: 更新日:

「若者は新しくて格好いい文化として聴いている」

 音楽プロデューサーの三浦光紀氏にカセットテープ音楽の現代的意味について聞いた。三浦氏は日本のロックシーンに強い影響を与えたベルウッド・レコードを1972年に設立するなど日本の音楽シーンに多大な影響を与えてきた、日本の音楽史の証言者である。

 ◇  ◇  ◇

「ベルウッド・レーベルでも大瀧詠一のファーストアルバムのカセットテープも発売されました。最近はレトロモダンのカルチャーが各地で起こっていますけど、カセットテープもその流れのひとつ。カウンターカルチャーとして作品も出てくるわけで、今のカセットテープというのはカウンターカルチャーです」

「ぼくのトークイベントで出会う今どきの若い子たちに聞くと、カセットテープはまったく新しい文化だと言うんです。今の子たちは作品としてカセットテープのカバーデザインもいいということで聴いています。ファッション的にも格好いいとか、アナログレコードよりも場所とらないから良いと言う。そこが違うんだそうです。今の若い子は自分で夢中になっているものにしかおカネを出さないですから。懐かしいでは売れない。新しいということなんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る