油断禁物…高校授業料無償化でも必要な費用を算出してみた

公開日: 更新日:

 まもなく新学期が始まる。子供の学費で悩んでいる親は、少なくないだろう。進学先が私立ならなおさらだが、2020年度から就学支援が拡充され、私立高校の授業料も対象に。全国平均額の年間約39万円を上限に補助する方針。年収590万円までの世帯が対象といわれる。

 それが「高校授業料無償化」のあらましだが、「無償化」に引きずられ過ぎると大ヤケドするかもしれない。特に公立と私立では、出費がかなり違うことは要注意だろう。情報サイト「高校授業料無償化 最新情報」の運営担当者が言う。

「支給されるのはあくまでも授業料の部分のみ。高校でいえば、私立と公立とでは授業料だけでなく入学金や設備費、修学旅行積立金などで差がありますから、授業料が実質無償化されても、私立の方が高くつくのは変わりません」

 まず入試の時点でもかなり違う。公立の受験料はおよそ2000円だが、私立はその10倍の2万円ほど。入学金も同様で、公立はおよそ5500円で済むが、私立は20万円以上かかる高校も珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  10. 10

    たけしに欽ちゃんも…コロナが蝕む大御所芸人のメンタル

もっと見る