油断禁物…高校授業料無償化でも必要な費用を算出してみた

公開日: 更新日:

 まもなく新学期が始まる。子供の学費で悩んでいる親は、少なくないだろう。進学先が私立ならなおさらだが、2020年度から就学支援が拡充され、私立高校の授業料も対象に。全国平均額の年間約39万円を上限に補助する方針。年収590万円までの世帯が対象といわれる。

 それが「高校授業料無償化」のあらましだが、「無償化」に引きずられ過ぎると大ヤケドするかもしれない。特に公立と私立では、出費がかなり違うことは要注意だろう。情報サイト「高校授業料無償化 最新情報」の運営担当者が言う。

「支給されるのはあくまでも授業料の部分のみ。高校でいえば、私立と公立とでは授業料だけでなく入学金や設備費、修学旅行積立金などで差がありますから、授業料が実質無償化されても、私立の方が高くつくのは変わりません」

 まず入試の時点でもかなり違う。公立の受験料はおよそ2000円だが、私立はその10倍の2万円ほど。入学金も同様で、公立はおよそ5500円で済むが、私立は20万円以上かかる高校も珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    不快。大嫌い。しかし、こやつの話からわかったこともある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る