中古で高値取引…ロレックスの腕時計はなぜ価値が下がらず

公開日: 更新日:

 スマホの普及で腕時計をする人が減る一方で、腕時計にこだわる人も少なくない。最近では「時計の資産性」に注目している人が増えている。

 なかでも1905年設立のスイスの時計メーカー・ロレックスの腕時計は、スポーツモデルを中心に中古市場で高い価格で取引されている。特に「デイトナ」というモデルが高騰し、マニア垂涎のアイテムとなっている。

 なぜ、ロレックスは中古でも高い価格を維持しているのか。東京・銀座の高級時計専門店「コミット銀座」オーナーで、時計鑑定士の阿部泰治さんに話を聞いた。

「デイトナは完成度の高いデザインで昔から人気でしたが、ここ数年は中国のほか、タイやインドネシアなどのアジア圏でも人気です。デイトナの現行品が正規店で手に入らなくなっているため、中古価格が高騰しています。本来、新品の正規価格は130万円ほどですが、現在、中古で200万円以上で売られる逆転現象が起こっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る