横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

少額で成長企業を応援 人気の「テーマ投資」仕組みと魅力

公開日: 更新日:

 最近は、リスク許容度を選択するだけで手軽に始めることができる投資も増えています。投資の対象はETFを含めた投資信託が主流ですが、手数料は預かり資産の1%が相場。自分で商品を選ぶともっと手数料を抑えることが可能なため、投資に詳しい人やコスト意識の高い人からは不評な場合もあるようです。

 こうした手軽な投資として、“将来性”“話題性”などテーマごとに企業や株をまとめて、比較的少額で投資ができる「テーマ投資」も人気が出ています。「オリンピック」「5G」「キャッシュレス決済」など、自分が興味、関心を持てるものに投資をしようというものです。

 普通、興味を持った企業の株式を買おうとすると、100株を1単元として、50万円、100万円以上といった、それなりの金額を出さないと購入できないことがあります。しかも1社にかなりの金額をつぎ込むわけですから、リスクも高くなりがちです。ところが、この「テーマ投資」はそのテーマに関連した企業の株を「単位未満株」とし、1株以上を数社分集めます。それをセットにし、5万円、10万円といった比較的低額で投資できます。「企業」ではなく「テーマ」に投資することで、必然的に複数の企業に投資することとなり、分散投資もできるという仕組みです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る