横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

少額で成長企業を応援 人気の「テーマ投資」仕組みと魅力

公開日: 更新日:

 最近は、リスク許容度を選択するだけで手軽に始めることができる投資も増えています。投資の対象はETFを含めた投資信託が主流ですが、手数料は預かり資産の1%が相場。自分で商品を選ぶともっと手数料を抑えることが可能なため、投資に詳しい人やコスト意識の高い人からは不評な場合もあるようです。

 こうした手軽な投資として、“将来性”“話題性”などテーマごとに企業や株をまとめて、比較的少額で投資ができる「テーマ投資」も人気が出ています。「オリンピック」「5G」「キャッシュレス決済」など、自分が興味、関心を持てるものに投資をしようというものです。

 普通、興味を持った企業の株式を買おうとすると、100株を1単元として、50万円、100万円以上といった、それなりの金額を出さないと購入できないことがあります。しかも1社にかなりの金額をつぎ込むわけですから、リスクも高くなりがちです。ところが、この「テーマ投資」はそのテーマに関連した企業の株を「単位未満株」とし、1株以上を数社分集めます。それをセットにし、5万円、10万円といった比較的低額で投資できます。「企業」ではなく「テーマ」に投資することで、必然的に複数の企業に投資することとなり、分散投資もできるという仕組みです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る