丸山晴美さんが解説 AIにお任せ“ロボ投資”のメリットとは

公開日: 更新日:

「新しい財テクのスタイルとして人気を集めているのがロボ投資です。金融アルゴリズムを利用したシステムを活用したアプリで売買するやり方になります」

 こう言うのは、FPで消費生活アドバイザーの丸山晴美氏だ。ロボ投資とはなにか。

 代表的なものが「ウェルスナビ」や「THEO(テオ)」だ。WEB上で口座を開設、メールアドレス、マイナンバーカードといった本人確認書類、銀行口座などを登録。最短2日で、簡易書留でスタートガイドが届いてから、指定口座に最低投資金額を振り込んで、運用開始となる。

 みずほ銀行、住信SBIネット銀行など指定銀行を使えば、24時間365日リアルタイムで無料で入金できる。あとはロボアドバイザーが、忙しいサラリーマンに代わって全自動で資産運用をしてくれる。

「今後は、人工知能(AI)を使った投資が主流となってくるのではないでしょうか。現状でもAI投資信託はありますが、今後は個人投資家向けの運用ツールとしてパッケージ化され、リスク許容度を設定しておけば、あとはお任せでより高度な投資運用をしてくれる時代になります」(丸山晴美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る