トレンドマイクロにサイバー攻撃 データ流出をHPで公表

公開日: 更新日:

 ウイルス対策ソフト「ウイルスバスター」で知られるトレンドマイクロ(東京)は20日、同社のシステムが不正侵入に遭いデータ流出の可能性があると公表した。

 この問題は、米セキュリティー会社「アドバンスト・インテリジェンス」が9日、米国に拠点を持つ大手ウイルス対策企業3社が、「Fxmsp」と名乗るロシアのハッカー集団のサイバー攻撃を受け、機密情報が盗まれた疑いがあると報道。3社のうちの1社がトレンドマイクロだった。

 一部メディアが問題を報じると、同社はきのう、ホームページで〈調査の結果、流出したものはデバック目的で利用される情報の一部(ソフトウェアを作成する際に同時に作成されるデバック用のファイルであり、プログラムコードや開発資料、AI用学習データとは異なります)であることがわかりました〉と公表。その上で、〈トレンドマイクロのソースコードや顧客情報の漏洩は確認していません〉としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る