藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「巴川製紙所」 スマホの5G化で2020年には株価倍増の夢

公開日: 更新日:

 先週はNY株式市場・為替市場は、米中通商摩擦の思惑で上下に大きく動く展開でしたが、東京株式市場の変動幅は意外に小さく、売買高も低調で閑散相場が続きました。薄商いなので、需給悪化につながりほんの些細な材料でも、大幅安となる個別銘柄が多く、本来的価値より、かなり割安な水準まで売り込まれているので、バーゲンハンティングの好機となりそうです。

 今回ご紹介するのは、電子材料事業やトナー事業などがメインビジネスの巴川製紙所(3878、東証1部=投資金額約8万円)です。世界初・日本初の製品および技術を多数開発し保有する開発型企業です。製紙会社としては類のない、エレクトロニクス系の事業を中心に展開しています。

 プリンターなどで使用されるトナーでは、世界ナンバーワンのトナー専業メーカーです。

 クラウドや人工知能の普及によるITの進化に加え、ウエアラブルデバイスやIoTの普及が加速、通信も5Gで高速化しており、電子部品の小型化・軽量化、ハイパワー(高電圧・大電流・高周波)が求められています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る