本屋に介護サービスまで 歌舞伎町No.1ホスト“商売の才覚”

公開日: 更新日:

手塚マキさん(Smappa!Group会長)前編

 “レッテル貼り”とよく言う。辞書によれば「人や物に対して一方的・断定的に評価をつける」こと。そんなことはしたくないと思いつつ、知らず知らずのうちに貼ってしまうのがレッテルというものだろう。

 ホストに対してもそうだ。テレビでよく見る〈茶髪ロンゲの若い兄ちゃん〉〈浮かれ調子のシャンパンコール〉〈暑苦しいほどの上昇志向〉というイメージで、ホスト=チャライやつらと思っている人は少なくないはずだ。

 だが、目の前に現れた手塚マキ氏は、そんなレッテルを軽やかに剥ぎ取る。

 仕立ての良さそうなスーツにきちんと整えた黒髪。口調は穏やかで、話す言葉も思慮深い。ソムリエの資格を持ち、近ごろの趣味はオペラ――おかしい、ホスト上がりがこんなカッコイイはずがない……既成概念がガラガラと音を立てて崩れ落ちた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る