小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

名門・群馬銀行を襲う「佐野SA」と「大東建託」2つの爆弾

公開日: 更新日:

 地元の名門・群馬銀行が思わぬ2つのつまずきに苦悩している。ひとつは東北自動車道上り線の佐野サービスエリア(SA)を舞台にしたストライキと、その主因となった主力取引先の乱脈経営。もうひとつは、やはり主力取引先である大手建設会社「大東建託」の消費税転嫁違反問題だ。いずれも一過性とかたづけられない問題が残るとの指摘もあり、頭を悩ませている。

 佐野SAのストライキは6月中旬、群馬銀行が取引先である片柳建設に対し、乱脈経営から同社向け融資を凍結したことが発端だった。片柳建設は公共工事を受注する有力企業で、同社の岸敏夫前社長が経営権を握っていたのが佐野SAの運営会社ケイセイ・フーズだった。

「片柳建設は中央政界とも接点を持つ建設会社で、群馬銀行は関連グループ向けを含め20億円を超す融資があった。しかし、乱脈経営を知った群馬銀行が急きょ融資凍結に動いた」(地銀関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る