小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

名門・群馬銀行を襲う「佐野SA」と「大東建託」2つの爆弾

公開日: 更新日:

 地元の名門・群馬銀行が思わぬ2つのつまずきに苦悩している。ひとつは東北自動車道上り線の佐野サービスエリア(SA)を舞台にしたストライキと、その主因となった主力取引先の乱脈経営。もうひとつは、やはり主力取引先である大手建設会社「大東建託」の消費税転嫁違反問題だ。いずれも一過性とかたづけられない問題が残るとの指摘もあり、頭を悩ませている。

 佐野SAのストライキは6月中旬、群馬銀行が取引先である片柳建設に対し、乱脈経営から同社向け融資を凍結したことが発端だった。片柳建設は公共工事を受注する有力企業で、同社の岸敏夫前社長が経営権を握っていたのが佐野SAの運営会社ケイセイ・フーズだった。

「片柳建設は中央政界とも接点を持つ建設会社で、群馬銀行は関連グループ向けを含め20億円を超す融資があった。しかし、乱脈経営を知った群馬銀行が急きょ融資凍結に動いた」(地銀関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る