株式市場も熱気ムンムン「ラグビーW杯」に盛り上がる27社

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯は日本代表が優勝候補のアイルランドに勝利したことで一段と盛り上がってきた。次のサモア戦(5日)に向けて気合十分だ。

「株式市場も熱気でいっぱいです。ラグビーW杯は11月までの長丁場だし日本代表の戦いは少なくとも13日スコットランド戦まで続きます。1次リーグを突破し、ベスト8、ベスト4進出も夢ではなくなった。市場は大騒ぎです」(市場関係者)

 日本代表ユニホームを手掛ける「カンタベリー」の日本での商標権を持つゴールドウインの株価は、W杯開幕後に上場来高値を更新する急騰を見せた。9月初め(2日)に7310円(9月30日の株式分割考慮後)だった株価は30日(同)に一時9500円までアップ。約30%の上昇率を記録している。

「W杯の関連銘柄を物色する動きはますます活発になっています。ワールドワイドパートナーであるハイネケンの国内製造販売を担っているキリンHDをはじめビール各社は売り上げ増加の期待大です。仲間と一緒に飲みながら観戦できる英国風パブの『HUB』も繁盛しています」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る