相場低迷の今こそチャンス!2020年ハネる「お年玉銘柄」30

公開日: 更新日:

 年明け以降、株式市場は大波乱となっている。

 米国とイランの衝突でリスクオフの流れが加速し、世界中で株価が急落した。そうかと思えば、両国の衝突回避の思惑からNYダウが高値を更新。日経平均も一気に500円下がったあとに、今度は500円近く上昇と、激しい乱高下に見舞われている。

「中東情勢は年初に比べて落ち着いてきた感じがしますが予断を許しません。市場は警戒ムードを崩していません。ただ、もしかすると今が絶好の買い場という見方もできます。米国とイランの関係が改善したら再びリスクオンになり、株価は急騰するでしょう」(市場関係者)

 暗雲漂う現在の相場こそ、有望銘柄を仕込むチャンスというわけだ。

 IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏は言う。

「2月11日がイラン革命の記念日で、この日まで危険は伴うでしょう。日経平均の下値メドは75日移動平均線の2万2900円程度。偶発的な軍事衝突が起きたら、この水準を下回る危険性はありますが、逆に2月11日を無事通過したら市場に安心感が漂います。株価は大きく反発すると思います。昨年暮れの水準を目指すでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る