櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

中小企業向けコンサル展開「ブランディングテクノロジー」

公開日: 更新日:

 市場はネガ大好き。売りが買いを圧倒的に上回り、一気に株価が崩れるのはよく見ること。時間をかけて上げた相場は売り崩されると瞬時にしぼむ。別に地球に引力があるからではないのだろう。まさに「上げ百日、下げ三日」だ。

 上昇相場の材料も同様。画期的新薬や新製品、AIやDXなども良いと分かっていても上昇に時間がかかる。しかし、地震など天変地異の被災、世界的なパンデミック症候群の拡大などの悪材料に対抗する好材料は一気に上がる。市場の経験的不思議さだ。市場は真偽不明でも悪材料に対抗するスピード感を持った好材料が大好きということだ。

 ブランディングテクノロジー(7067)に注目する。同社はサイトなどのメディア制作やネット広告など中堅、中小企業向けにコンサル事業を展開する。方向は「ブランドを軸に中小企業のデジタルシフトを担う」。そして「テクノロジーを活用することで働き方改革、人材採用・育成、生産性、売り上げ向上などの経営課題を解決する」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る