櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

中小企業向けコンサル展開「ブランディングテクノロジー」

公開日: 更新日:

 市場はネガ大好き。売りが買いを圧倒的に上回り、一気に株価が崩れるのはよく見ること。時間をかけて上げた相場は売り崩されると瞬時にしぼむ。別に地球に引力があるからではないのだろう。まさに「上げ百日、下げ三日」だ。

 上昇相場の材料も同様。画期的新薬や新製品、AIやDXなども良いと分かっていても上昇に時間がかかる。しかし、地震など天変地異の被災、世界的なパンデミック症候群の拡大などの悪材料に対抗する好材料は一気に上がる。市場の経験的不思議さだ。市場は真偽不明でも悪材料に対抗するスピード感を持った好材料が大好きということだ。

 ブランディングテクノロジー(7067)に注目する。同社はサイトなどのメディア制作やネット広告など中堅、中小企業向けにコンサル事業を展開する。方向は「ブランドを軸に中小企業のデジタルシフトを担う」。そして「テクノロジーを活用することで働き方改革、人材採用・育成、生産性、売り上げ向上などの経営課題を解決する」だ。

 中小企業は日本の事業者の99・7%。大手の代理店が参入しない市場だけに、中小企業の企業価値を向上させていく「ブランド×テクノロジー」は必要不可欠だし、独自の展開が可能になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  4. 4
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  5. 5
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  1. 6
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  2. 7
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  3. 8
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  4. 9
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

  5. 10
    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に

    センバツ圧巻V大阪桐蔭の“侵攻”に日本中の高校から怒りの声! 関東、東北が“草刈り場”に