藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

ストップ高期待…3万円で買えるMVNOの先駆者「日本通信」

公開日: 更新日:

 先週の日経平均株価は、2万4000円を挟んで上下に狭いレンジ相場が継続しました。中国での新型コロナウイルスの流行によって、マスク関連などの中・小型株が急騰しています。これによって、それほど企業業績には影響のなさそうな銘柄も大きく値を飛ばしています。個人投資家の投資マインドが、かなり復活してきているようです。

 23日の日本電産を皮切りに、3月期決算企業の第3四半期の決算発表が始まりました。決算発表で大きく株価が動く銘柄が続出するので、個人投資家の投機的資金は、決算銘柄に移りそうです。

 今回ご紹介するのは、仮想移動体通信事業者(MVNO)の先駆者である日本通信(9424、東証1部=投資金額約3万円)です。個人投資家の間では「ポンツー」の愛称で呼ばれており、その値動きの激しさから大人気の銘柄です。

 日本通信はMVNOという新たな産業を生み出した会社です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る