藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

ストップ高期待…3万円で買えるMVNOの先駆者「日本通信」

公開日: 更新日:

 先週の日経平均株価は、2万4000円を挟んで上下に狭いレンジ相場が継続しました。中国での新型コロナウイルスの流行によって、マスク関連などの中・小型株が急騰しています。これによって、それほど企業業績には影響のなさそうな銘柄も大きく値を飛ばしています。個人投資家の投資マインドが、かなり復活してきているようです。

 23日の日本電産を皮切りに、3月期決算企業の第3四半期の決算発表が始まりました。決算発表で大きく株価が動く銘柄が続出するので、個人投資家の投機的資金は、決算銘柄に移りそうです。

 今回ご紹介するのは、仮想移動体通信事業者(MVNO)の先駆者である日本通信(9424、東証1部=投資金額約3万円)です。個人投資家の間では「ポンツー」の愛称で呼ばれており、その値動きの激しさから大人気の銘柄です。

 日本通信はMVNOという新たな産業を生み出した会社です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る