山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

TOBで珍事も まだまだ大きい「前田製作所」の水準訂正余地

公開日: 更新日:

 先週20日、中堅ゼネコンの前田建設工業が傘下の前田道路に敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けるという珍事が起きた。これに対して前田道路は、前田建設に資本関係の解消を提案したという。

 前田建設は前田道路の筆頭株主ながら、持ち株比率は24・7%にとどまり、持ち分法適用会社の位置づけだった。前田建設は昨年、前田道路を子会社化すべく資本関係の強化を申し入れたが、やんわりと拒否されたようだ。

 前田道路は売上高こそ前田建設の半分弱に過ぎないが、自己資本は9月中間期で約2050億円と前田建設の8割に達する。無借金経営で自己資本比率は76・8%と財務内容は建設株の中では抜群に良い。前田建設は自己資本比率33・1%で、有利子負債は1300億円超と中堅ゼネコンとしては平均的な財務内容だ。おそらく前田道路は、前田建設と対等の関係を望んでいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る