山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

TOBで珍事も まだまだ大きい「前田製作所」の水準訂正余地

公開日: 更新日:

 先週20日、中堅ゼネコンの前田建設工業が傘下の前田道路に敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けるという珍事が起きた。これに対して前田道路は、前田建設に資本関係の解消を提案したという。

 前田建設は前田道路の筆頭株主ながら、持ち株比率は24・7%にとどまり、持ち分法適用会社の位置づけだった。前田建設は昨年、前田道路を子会社化すべく資本関係の強化を申し入れたが、やんわりと拒否されたようだ。

 前田道路は売上高こそ前田建設の半分弱に過ぎないが、自己資本は9月中間期で約2050億円と前田建設の8割に達する。無借金経営で自己資本比率は76・8%と財務内容は建設株の中では抜群に良い。前田建設は自己資本比率33・1%で、有利子負債は1300億円超と中堅ゼネコンとしては平均的な財務内容だ。おそらく前田道路は、前田建設と対等の関係を望んでいるのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る