たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

第2次黄金期に突入!「リソー教育」は理想的な投資対象

公開日: 更新日:

 先週、リソー教育(4714)の2020年2月期の第3四半期決算説明会が行われ、「少子化に焦点を絞ったビジネスモデルが奏功、第二次黄金期に突入している。今後5年間は高成長が続く」と、同社は力強いコメントをしている。

 リソー教育は、首都圏中心に富裕層の子供をターゲットに、個別指導、幼児教育などのサービスを提供している。肝心の生徒数の伸びは、個別指導受験塾「TOMAS」がプラス9.3%、100%プロ社会人家庭教師の「名門会」がプラス5.1%、名門小学校・幼稚園受験指導の「伸芽会」がプラス14.8%と絶好調。

 また学校の中にTOMASを設置する「スクールTOMAS」は、昨年11月末で52校が導入済で、2020年2月末に70校、来期には100校との契約を目指すとしている。

 数年前から導入してきた学校の進学実績が表れはじめ、少子化の環境の中、生き残りをかける学校が受験対策として積極的に導入しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る