たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

第2次黄金期に突入!「リソー教育」は理想的な投資対象

公開日: 更新日:

 先週、リソー教育(4714)の2020年2月期の第3四半期決算説明会が行われ、「少子化に焦点を絞ったビジネスモデルが奏功、第二次黄金期に突入している。今後5年間は高成長が続く」と、同社は力強いコメントをしている。

 リソー教育は、首都圏中心に富裕層の子供をターゲットに、個別指導、幼児教育などのサービスを提供している。肝心の生徒数の伸びは、個別指導受験塾「TOMAS」がプラス9.3%、100%プロ社会人家庭教師の「名門会」がプラス5.1%、名門小学校・幼稚園受験指導の「伸芽会」がプラス14.8%と絶好調。

 また学校の中にTOMASを設置する「スクールTOMAS」は、昨年11月末で52校が導入済で、2020年2月末に70校、来期には100校との契約を目指すとしている。

 数年前から導入してきた学校の進学実績が表れはじめ、少子化の環境の中、生き残りをかける学校が受験対策として積極的に導入しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る