杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

5G半導体デバイス手掛ける「台湾セミコンダクター」に注目

公開日: 更新日:

 半導体業界は“夜明け前”(回復直前)といえるような状況にある。2020年後半には様相が一変するだろう。この背景には世界景気の底入れに加え、シリコンサイクルが浮上期に突入、5G(次世代通信網)、データセンター向けの需要が立ち上がってきたことなどがある。

 中国製スマホ(特にファーウェイ)がアメリカの追加関税の対象にならなかったのも大きい。日本では電子部品・デバイスの在庫率が大幅に改善している。

 台湾セミコンダクター(台湾積体電路製造=TSM)はNY市場に上場(ADR)、半導体業界における「炭鉱のカナリア」的な存在として知られている。すなわち、真っ先に良くなり、いち早く悪くなるのだ。現状はもちろん「良」である。

 主要顧客はアップル、ファーウェイ(スマホ向け先端半導体)など。TSMはこれらの企業の動向を事前に知り得る立場にある。だからこそ、19年の150億ドル(約1兆6400億円)、20年には160億ドル(約1兆7500億円)を設備投資、研究開発に投じると明らかにしているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る