としまえん跡地にオープン “ハリポタ”テーマパークの勝算

公開日: 更新日:

 西武鉄道が運営する遊園地「としまえん」(東京都練馬区)が閉園し、跡地に「ハリー・ポッター」のテーマパークが建設される見込みとなった。2023年春にオープンする見通しだ。

 米映画大手のワーナー・ブラザースが跡地の一部を借り、映画のセットを再現したテーマパークを建設する案が有力だ。ロンドンにある施設「ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアー ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」を参考に検討が進んでいるという。

「ハリー・ポッター」をテーマにした施設は、すでにユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ・大阪市)が450億円を投じて2014年にオープンさせ、大人気となっている。USJは、主人公が魔法を学ぶ舞台の「ホグワーツ城」などを再現。それまで入場者数が落ち込んでいたが、このエリアが開業した14年度の入場者数は、200万人増の1270万人を記録している。

 ロンドンのテーマパークも、「ハリー・ポッターの世界に入り込んだかのような感覚が味わえる」と、休暇シーズンは予約を取るのが難しいほどの人気だ。足を運んだ日本人からは、さっそく<ロンドンの施設に行ったことがあるけど、食堂のホール、ハグリッドの家、魔法省、使った小道具まで、びっちり展示してあってファンには生唾ものです。このくらいのクオリティーでやってくれるなら超うれしい>と、としまえんの跡地に期待する声がネットにあがっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍