有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

キューサイ<下>青汁からの脱却、医薬品事業の拡大に活路

公開日: 更新日:

「まずい! もう一杯!」

 悪役俳優の異名をとる八名信夫がグラスの鮮やかな緑色の液体を一気に飲み干す。顔をしかめて、しゃがれ声で、こう言うキューサイの青汁のテレビコマーシャルが強烈な印象を与えた。

 福岡に本社を置くキューサイは、このCMで一気に全国区となり、通販による健康食品市場を切り開いた。1990年のことだ。

 創業者は長谷川常雄。京都市出身。同志社大学経済学部卒。大沢商会に入社し福岡支店に勤務していた時に独立。65年、菓子製造販売の長老製菓(のちの長谷川製菓)を創業。ニチレイの協力工場となり冷凍食品の製造を始めた。

 82年、ケールを原料とする冷凍タイプの青汁の製造・販売を開始。95年、キューサイに商号を変更。ケール生産の九州自然野菜組合の略称をカタカナの社名とした。97年、株式を店頭公開。99年9月、東証2部と福岡証券取引所に上場した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る