杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

中国だけが主要国の中で唯一「GDPプラス成長」の不思議

公開日: 更新日:

 これが非民主主義国家の“強み”なのだろうか。欧米、および日本などではこうはいかない。中国は新型コロナウイルスを制圧、従来の成長軌道に戻っている。

 2020年のGDP(国内総生産)成長率は2・3%(19年は6・0%)と、主要国の中では唯一、プラスを確保した。21年は7・9~8・2%の高い伸びになるという。

 独り勝ちである。ウイルス性疫病の根絶には隔離政策が有効だ。それは歴史が証明している。すなわち、都市の封鎖(ロックダウン)である。

 しかし、先進国ではこれが難しい。経済との両立が必要だし、マスク着用についても「神への冒涜」と言い出す人たちがいる。まあ、制圧には時間がかかるだろう。

 新型コロナのパンデミック(世界的流行)は収束の兆しが見えない状況下、株式市場だけは活況だ。まさに、非常事態の下の異常な状態である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る