有森隆
著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

ENEOS HD(上)突然失脚した最高権力者・杉森務前会長の実力

公開日: 更新日:

 石油元売り最大手・ENEOSホールディングスの代表取締役会長だった杉森務が、8月12日に突如、辞任を表明した。当初、退任の真相はベールに包まれ、「一身上の都合」としか明らかにされなかった。

 なぜ、辞めざるを得なくなったのかは、「週刊新潮」(2022年9月29日号)で暴露された。

 杉森は7月、那覇市の高級クラブで30代ホステス女性のドレスの中に手を入れて胸を触り、キスを強要し、拒む女性に「銀座では普通だよ」などとしつこく言い寄ったうえに、ドレスを強引に脱がせるなどした。女性は肋骨骨折など全治2週間のケガを負った、とされた。

 杉森務とはどんな人物なのか。

 1955年10月21日、石川県七尾市生まれで67歳。父親が石川県警の警察官だった関係で金沢市など県内各地を転々とした。県立金沢泉丘高校から一橋大学商学部に進み、大学時代は準硬式野球部に所属した。79年、ENEOSの前身の日本石油に入社した。

 ゴールデン黒バットという言葉が日石にはある。勤労部、人事畑がゴールデン、重油などの産業燃料部(扱う製品からの連想で)黒、野球部(バット)出身者がエリートとされた。杉森の振り出しは勤労部、人事課だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき