「1票の格差」訴訟 最高裁の“お墨付き”で失職免れた議員45人の名前

公開日: 更新日:

 注目された「1票の格差」訴訟。20日最高裁は「違憲状態」という玉虫色の判断をした。

 この決定に最も胸をなでおろしているのは、失職の危機を免れた45人だ。訴訟の直接の対象となっていたのは衆議院の31選挙区。小選挙区当選者だけでなく、小選挙区での得票数に応じた惜敗率によって比例で復活した議員も含まれる(写真に一覧)。

 先の高裁判決では、このうち愛知と福岡の6選挙区以外は「違憲」で、広島1、2区と岡山2区の3選挙区については「無効」という厳しい判断だった。最高裁が「違憲・無効」という判断を下していたら、この45人は議員バッジを奪われ、再選挙に臨まなければならなかったのである。

 岸田外相や石原環境相も対象だったから、内閣はパニックになったろうし、民主党は海江田代表や菅元首相が入っていたから、大騒ぎになったことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る