「1票の格差」訴訟 最高裁の“お墨付き”で失職免れた議員45人の名前

公開日: 更新日:

 注目された「1票の格差」訴訟。20日最高裁は「違憲状態」という玉虫色の判断をした。

 この決定に最も胸をなでおろしているのは、失職の危機を免れた45人だ。訴訟の直接の対象となっていたのは衆議院の31選挙区。小選挙区当選者だけでなく、小選挙区での得票数に応じた惜敗率によって比例で復活した議員も含まれる(写真に一覧)。

 先の高裁判決では、このうち愛知と福岡の6選挙区以外は「違憲」で、広島1、2区と岡山2区の3選挙区については「無効」という厳しい判断だった。最高裁が「違憲・無効」という判断を下していたら、この45人は議員バッジを奪われ、再選挙に臨まなければならなかったのである。

 岸田外相や石原環境相も対象だったから、内閣はパニックになったろうし、民主党は海江田代表や菅元首相が入っていたから、大騒ぎになったことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る