オバマ激怒 米軍B52「防空識別圏」飛行で習近平マッ青

公開日:  更新日:

 習近平は真っ青に違いない。中国が設定した「防空識別圏」に対し、米国が予想以上に強硬姿勢を強めているからだ。ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が非難声明を出したのに続き、26日は「B52戦略爆撃機」2機を事前通告なく、1時間にわたり防空圏を飛行させた。中国は「指示に従わなければ緊急措置を取る」と宣言していたのに、指をくわえて黙っているしかなかった。

「米軍がB52を中国の防空圏内に飛ばしたのは、特別な意味がある。挑発とか威嚇といったレベルではなく、<こら習近平、指を詰めろ>くらいの強烈なメッセージと捉えるべきです。国防総省は<当初から予定していた>と説明しましたが、あれはウソでしょう。米軍が通常の飛行訓練に使用するのは戦闘機や哨戒機です。核兵器を搭載できる戦略爆撃機を飛ばすことはめったにない。核兵器が搭載できるB52は開発から半世紀以上経った今も、評価が高い。パイロットも空軍の超エリートで、その気になればいつでも中国本土を火の海にできます。人民解放軍はそれを重々承知だから手も足も出せなかったのでしょう」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る