• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“印象操作”に左右されてはダメ 都知事選の争点は「脱原発」

 都知事選で、細川護煕元首相と対立する陣営が細川“口撃”に使うのが「脱原発は都知事選の争点じゃない」のフレーズ。メディアの中には、わざわざ主要な争点を「医療や福祉政策」「地震などの防災対策」と強調している大新聞もあるが、こういう“印象操作”の誘導報道を信じてはダメだ。

 福祉や防災対策が必要なしと言っているワケじゃない。大事なのは当然だ。だから都は、これらの政策について、とっくの昔に綿密な計画を立てている。例えば都福祉保健局がまとめた「東京の福祉保健2013」では、高齢者の地域包括システムや認知症に関する総合施策、障害者分野の医療支援体制の充実――といった細かな取り組みが分野別に示されている。

 また防災についても、都防災会議が策定した「地域防災計画」で方針や行動計画が細かく決まっているのだ。つまり、誰が都知事になってもやることは同じ。それが証拠に知事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る