細川都知事候補直撃(上)「乱心しなければ安倍止められない」

公開日:  更新日:

 細川の都知事選出馬を「殿、ご乱心」と揶揄(やゆ)した閣僚がいたが、細川は「乱心でなければできませんよ」「腹をくくって出てきた」と、切り返した。細川、小泉連合は合わせて、148歳。悠々自適の生活を捨てて挑むのは、「誰かが出なければ、不条理を変えられないからだ」と言い切る。その壮絶な覚悟に有権者は耳を傾けるべきだろう。

■郵政民営化以上の盛り上がり

――舛添候補の優勢が伝えられますが、選挙戦の手応えはどうですか?

 小泉さんは、(街頭演説をした)立川でも池袋でも、郵政選挙の時より凄いと盛んに言われるんですよ。私は日本新党の時と同じくらいかと思いますが、手応えはあります。これをどれだけ拡散していけるかですね。

――これから文化人などの著名人も応援に入ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る