拉致問題また暗礁…安倍官邸を悩ませる「朝鮮総連ビル」落札

公開日:  更新日:

 拉致問題の解決は遠のいてしまうのか――。
 競売にかけられていた「朝鮮総連」中央本部ビルについて、東京地裁が24日、不動産会社「マルナカホールディングス」(高松市)への売却許可を決定した。

 投資目的で入札した「マルナカホールディングス」は、強制執行という手段を使ってでも朝鮮総連をビルから追い出す方針だという。北朝鮮にとって中央本部は「大使館」同然だけに焦りまくっているらしい。総連サイドは、決定を不服として、すぐに執行抗告を申し立てている。北朝鮮が焦るのはどうでもいいが、「マルナカホールディングス」への売却は、拉致問題の解決を難しくさせる可能性があるという。

「横田さん夫妻と孫娘キム・ウンギョンさんとの対面をお膳立てした安倍首相は、この秋にも訪朝し、拉致問題を進めるシナリオを練っているといわれています。4月から消費税増税がスタートすると支持率が下落するのは間違いなく、支持率アップの切り札として電撃訪朝を考えているらしい。しかし、朝鮮総連を本部ビルから追い出したら、北朝鮮サイドが硬化するのは確実。進みかけている拉致問題も頓挫してしまうかもしれない。安倍首相も頭を抱えているはずです」(外務省事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る