今春、北がミサイル実験強行なら朝鮮半島は「火の海」の恐れ

公開日:  更新日:

 2014年、朝鮮半島は激動必至だ。政権ナンバー2の張成沢を銃殺した金正恩(30)が暴走、日本も巻き込まれるのは間違いない。正恩の性格について、米国のキャンベル前国務次官補は、CNNでこう語っている。
「危険で予測不可能、暴力的で誇大妄想にとりつかれている」

 正恩のスイス留学時代のクラスメートから聞き取った結果だという。
 また、ケリー国務長官も、正恩の性格を「衝動的で一貫性がなく、自分の地位を心配している」と分析している。処刑は「泥酔状態」で命じたという情報もある。要するに、なにをするか分からないということだ。

「老練だった父親の金正日は“瀬戸際外交”に徹してきた。ところが、正恩は突っ走る恐れがある。まず、年齢が30歳と若く、血気盛んなことです。しかも、北朝鮮の軍事力を過信しているフシがある。怖いのは叔父の張成沢を処刑したことで、ブレーキ役がいなくなったことです。正恩の冷酷さを思い知らされた幹部は、怖くて異論を口にできない。非常に危険な状況です」(コリア・レポート編集長の辺真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る