• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また眉ツバ成長戦略 「50年後も人口1億人」目標の愚かしさ

給料下げる政策ばかりじゃ出生率は上がらない

「ホンマかいな?」と眉にツバした人もいるだろう――。政府の経済財政諮問会議の専門調査会が、急激な人口減少に対応するため「50年後に人口1億人の維持を目指す」との目標を打ち出した。日本経済の持続的成長のためには労働力の維持が必要で、初めて“数値目標”を設けて6月に出す成長戦略に盛り込むという。

 現在、日本の人口は約1億2700万人。女性1人が産む子どもの数はわずか1.41人で、出生率が回復しなければ、2060年には8700万人まで減少する見通しだ。この出生率を30年後に2.07まで回復させれば、60年の人口は1億545万人になるというのが調査会の考えだ。

 そのために出産・子育て政策を充実させるとか言っているが、そんなに簡単に出生率が上がるわけがない。

 国立社会保障・人口問題研究所の調査によれば、夫婦が希望する子どもの数は2.42人だが、現実は1.41人。その理由について60.4%が「子育てや教育にお金がかかりすぎる」と答えているのだ。若年層で増えている非正規雇用では生活が安定しない。正社員だってこの先給料が上がっていく期待が持てなければ、出生率は改善しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る