日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

百貨店で買い物 安倍首相“増税パフォーマンス”に非難の嵐

 消費税率引き上げ後、初の週末となった5日、安倍首相が日本橋三越本店を訪れて消費アピールした。書籍6冊や靴、大判焼き、レトルトカレーなど計3万9955円分の“お買い物”をして2958円の消費税を払い、「消費税が高くなったと実感した」と語ったが、増税した張本人の能天気な言動に非難が集まっている。

 ネット上では、<「高いと実感」とか言うなら消費税上げるなよ><よりによって日本橋三越ですか。ボンボンの安倍ちゃんらしい>と突っ込まれている。

 立正大客員教授の浦野広明氏(税法学)がこう言う。
「月収200万円以上もらっている安倍首相の『実感』と、毎月10万円の年金で暮らしているお年寄りの『実感』は天と地ほど違います。恐らく、日本橋三越にはスーパーのチラシを丹念に調べて、1円、2円を節約しているような客層は少ないでしょう。首相の本当の『実感』は、<ほらみろ。やっぱり消費に大した影響はないじゃないか>じゃないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事