日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「物価上昇2%」に固執 日銀黒田総裁の“暴走”が止まらない

 財務省は26日、2014年の貿易収支(速報)が12兆7813億円の赤字となったと公表した。赤字は4年連続で、金額は過去最悪だ。

「円安により、原油などの資源・エネルギー価格が上昇し、赤字幅が拡大した。円安を加速させた金融緩和“黒田バズーカ”が元凶です」(市場関係者)

 黒田総裁は「物価上昇率2%」を達成するため、なりふり構わぬ緩和策に打って出ている。

「株価を上げる効果はあっても、国債を年間80兆円購入するなど、海外勢から見たら財政ファイナンスと判断されかねない。危ない橋を渡っている」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 そんな警告も黒田総裁には届かない。金融政策決定会合後の会見(今月21日)では、物価上昇率2%の実現に関し、「(15年度から)若干はみ出る部分はある」としながらも、当初目標の「2年程度(15年度中)」にこだわりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事