「物価上昇2%」に固執 日銀黒田総裁の“暴走”が止まらない

公開日: 更新日:

 財務省は26日、2014年の貿易収支(速報)が12兆7813億円の赤字となったと公表した。赤字は4年連続で、金額は過去最悪だ。

「円安により、原油などの資源・エネルギー価格が上昇し、赤字幅が拡大した。円安を加速させた金融緩和“黒田バズーカ”が元凶です」(市場関係者)

 黒田総裁は「物価上昇率2%」を達成するため、なりふり構わぬ緩和策に打って出ている。

「株価を上げる効果はあっても、国債を年間80兆円購入するなど、海外勢から見たら財政ファイナンスと判断されかねない。危ない橋を渡っている」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 そんな警告も黒田総裁には届かない。金融政策決定会合後の会見(今月21日)では、物価上昇率2%の実現に関し、「(15年度から)若干はみ出る部分はある」としながらも、当初目標の「2年程度(15年度中)」にこだわりを見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る