日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不戦の誓い」削除の前科 安倍首相「70年談話」戦前逆戻り

 一昨年の終戦記念日の「全国戦没者追悼式」の式辞では、「アジア諸国への反省」の言葉を省き、歴代首相が必ず読み上げてきた「不戦の誓い」もカットした“前科”がある。この調子だと、安倍談話は「先の大戦は侵略や植民地支配ではなく、東アジア解放のためだった」なんて言い出しかねないだろう。

 元外交官の天木直人氏がこう言う。
「村山談話は、閣議決定し、世界に公表した内容です。歴代内閣が踏襲し、ようやく認知されてきた。それを見直すとなれば、世界から『後退』と受け取られるのは間違いありません。中国、韓国との関係もさらに悪化する。大変な事態になりますよ」

 やりたい放題の安倍首相は、テロとの戦いを口実に“参戦する”と言い出しかねない。暴走を早く止めないと戦前の暗黒時代に逆戻りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事