陰謀なのか? ロイター通信ロシア人美女記者が怪死していた

公開日: 更新日:

 何やら陰謀めいたにおいがプンプンする。ロイター通信のロシア人美人記者の怪死事件が発生し、大騒ぎになっている。

 ナゾの死を遂げたのは、パキスタン・アフガニスタン支局のマリア・ゴロブニナ記者(34)。先月23日、パキスタン・イスラマバードにある同通信のオフィスで突然、嘔吐して倒れ、意識不明に。すぐにパキスタン医学研究所に搬送されたものの、死亡が確認されたという。

「マリア記者はオフィスのトイレで倒れており、駆け付けた救急隊が個室のドアを蹴破って身柄を搬送したようです。検視の結果、死因は気道をふさがれたことによる窒息死でした。首に数カ所の傷痕が見つかりましたが、死因との因果関係は不明です」(現地記者)

 イラクやアフガン、リビアなど紛争地取材を数多く手がけ、敏腕で知られていたマリア記者。実は日本とも関係が深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る