陰謀なのか? ロイター通信ロシア人美女記者が怪死していた

公開日: 更新日:

 何やら陰謀めいたにおいがプンプンする。ロイター通信のロシア人美人記者の怪死事件が発生し、大騒ぎになっている。

 ナゾの死を遂げたのは、パキスタン・アフガニスタン支局のマリア・ゴロブニナ記者(34)。先月23日、パキスタン・イスラマバードにある同通信のオフィスで突然、嘔吐して倒れ、意識不明に。すぐにパキスタン医学研究所に搬送されたものの、死亡が確認されたという。

「マリア記者はオフィスのトイレで倒れており、駆け付けた救急隊が個室のドアを蹴破って身柄を搬送したようです。検視の結果、死因は気道をふさがれたことによる窒息死でした。首に数カ所の傷痕が見つかりましたが、死因との因果関係は不明です」(現地記者)

 イラクやアフガン、リビアなど紛争地取材を数多く手がけ、敏腕で知られていたマリア記者。実は日本とも関係が深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る