シャラポワも? ロシア国籍を捨てる二重国籍者続出の可能性

公開日: 更新日:

 女子テニス界のスーパースター、マリア・シャラポワ(27)はご存じロシア生まれで、現在は米フロリダに住んでいる。ロシアと米国の二重国籍だが、近い将来、ロシア国籍を捨てるかもしれない。

 その理由は、8月4日にロシアで施行された「改正ロシア連邦国籍法」だ。二重国籍者に、所定の書類に必要事項を記載して通知することを義務づけたもので、期限は10月4日。シャラポワのように海外にいる者にはこの期限は適用されないが、次に帰国した際に提出しなければならない。要するにクレムリンが海外の金持ちロシア人の資産や銀行口座の情報を押さえ、さらに税金を取ることを狙った動きだ。

 米国や欧州には、モデルやホッケー選手などロシア人の金持ちがたくさんいるが、ロシア国籍を捨てる者が続出するとみられている。日頃、祖国ロシアへの愛情を隠さないシャラポワだが、さてどうするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  8. 8

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る