シャラポワも? ロシア国籍を捨てる二重国籍者続出の可能性

公開日: 更新日:

 女子テニス界のスーパースター、マリア・シャラポワ(27)はご存じロシア生まれで、現在は米フロリダに住んでいる。ロシアと米国の二重国籍だが、近い将来、ロシア国籍を捨てるかもしれない。

 その理由は、8月4日にロシアで施行された「改正ロシア連邦国籍法」だ。二重国籍者に、所定の書類に必要事項を記載して通知することを義務づけたもので、期限は10月4日。シャラポワのように海外にいる者にはこの期限は適用されないが、次に帰国した際に提出しなければならない。要するにクレムリンが海外の金持ちロシア人の資産や銀行口座の情報を押さえ、さらに税金を取ることを狙った動きだ。

 米国や欧州には、モデルやホッケー選手などロシア人の金持ちがたくさんいるが、ロシア国籍を捨てる者が続出するとみられている。日頃、祖国ロシアへの愛情を隠さないシャラポワだが、さてどうするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る