シャラポワも? ロシア国籍を捨てる二重国籍者続出の可能性

公開日:  更新日:

 女子テニス界のスーパースター、マリア・シャラポワ(27)はご存じロシア生まれで、現在は米フロリダに住んでいる。ロシアと米国の二重国籍だが、近い将来、ロシア国籍を捨てるかもしれない。

 その理由は、8月4日にロシアで施行された「改正ロシア連邦国籍法」だ。二重国籍者に、所定の書類に必要事項を記載して通知することを義務づけたもので、期限は10月4日。シャラポワのように海外にいる者にはこの期限は適用されないが、次に帰国した際に提出しなければならない。要するにクレムリンが海外の金持ちロシア人の資産や銀行口座の情報を押さえ、さらに税金を取ることを狙った動きだ。

 米国や欧州には、モデルやホッケー選手などロシア人の金持ちがたくさんいるが、ロシア国籍を捨てる者が続出するとみられている。日頃、祖国ロシアへの愛情を隠さないシャラポワだが、さてどうするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る