日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シャラポワも? ロシア国籍を捨てる二重国籍者続出の可能性

 女子テニス界のスーパースター、マリア・シャラポワ(27)はご存じロシア生まれで、現在は米フロリダに住んでいる。ロシアと米国の二重国籍だが、近い将来、ロシア国籍を捨てるかもしれない。

 その理由は、8月4日にロシアで施行された「改正ロシア連邦国籍法」だ。二重国籍者に、所定の書類に必要事項を記載して通知することを義務づけたもので、期限は10月4日。シャラポワのように海外にいる者にはこの期限は適用されないが、次に帰国した際に提出しなければならない。要するにクレムリンが海外の金持ちロシア人の資産や銀行口座の情報を押さえ、さらに税金を取ることを狙った動きだ。

 米国や欧州には、モデルやホッケー選手などロシア人の金持ちがたくさんいるが、ロシア国籍を捨てる者が続出するとみられている。日頃、祖国ロシアへの愛情を隠さないシャラポワだが、さてどうするか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事