露「北方領土演習」に込められたプーチンの“重大メッセージ”

公開日: 更新日:

「我が国として到底受け入れることができない」――ロシア軍が北方領土の国後島と択捉島で実施した軍事演習に対し、安倍首相はいきり立った。首相就任後、安倍はプーチン大統領と5回も首脳会談を重ねた。今秋のプーチン訪日も宙に浮くのがほぼ確実。安倍がいらだつのは当然である。

 ロシアの軍事演習の目的は何か。日本政府は今月4日に北方領土で軍事演習する可能性があるとの情報を掴み、中止を要請していた。ところが演習は強行され、16日まで続く予定だ。

 参加するロシア兵は1000人以上。攻撃用大型ヘリコプターMi8が5機と軍用車両100台、最新の無人航空機も投入し、パラシュート降下部隊による上陸訓練も行われるという。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

「兵員1000人程度の軍事演習は規模としてはかなり小さいといえます。ロシアが本気で日本を威嚇しようと思ったら、最低でも兵員1万人以上、艦船40隻以上、航空機70機以上、戦車300両、さらに上陸用の水陸両用車、潜水艦索敵用の哨戒機を投入するでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る