アベノミクスのイカサマ “身内”の世論調査でも浮き彫りに

公開日: 更新日:

 安倍政権ベッタリの大マスコミは盛んに賃上げ報道を垂れ流しているが、実態は先細りだ。トヨタとか日産とか、当初は景気のいい話が続いたが、それは円安の恩恵を受ける輸出大企業の話。連合の1回目の集計ではベアと定昇合わせた賃上げ率は2.43%で、消費増税分にも満たなかった。

 今後は中小企業の結果が出てくる。あっという間に賃上げの真相、アベノミクスのボロが出てくるのだろうが、それを先取りしたのが、内閣府が20日に発表した「社会意識に関する世論調査」だ。

 それによると、現在の日本でよい方向に向かっていると思う分野は「科学技術」が30%と最も多く、「景気」は10%で、前回、去年の調査に比べ半減した。

 悪い方向に向かっている分野は「財政」が39%、「物価」が31%、「景気」30%などで、アベノミクスのインチキが見透かされた格好だ。

「今後はますます、景気のメッキが剥がれていくと思います。過去最高ベアなんて、ほんの一握りの輸出企業の数字が先行しただけで、非製造業などを中心に4割の企業は賃上げどころじゃないのが現状です。頼みの輸出企業も2月の輸出は対前月比でマイナス8.6%でした。政府・日銀の楽観シナリオはもう崩れているのです」(経済評論家・斎藤満氏)

 安倍政権がシャカリキになって賃上げを演出するのは、「政治とカネ」や「戦争法案」のゴリ押しで支持率が急落しているからだ。官製相場で押し上げている株価同様、詐欺の仕掛けみたいなものだが、ネタは完全にバレバレだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま