アベノミクスのイカサマ “身内”の世論調査でも浮き彫りに

公開日:  更新日:

 安倍政権ベッタリの大マスコミは盛んに賃上げ報道を垂れ流しているが、実態は先細りだ。トヨタとか日産とか、当初は景気のいい話が続いたが、それは円安の恩恵を受ける輸出大企業の話。連合の1回目の集計ではベアと定昇合わせた賃上げ率は2.43%で、消費増税分にも満たなかった。

 今後は中小企業の結果が出てくる。あっという間に賃上げの真相、アベノミクスのボロが出てくるのだろうが、それを先取りしたのが、内閣府が20日に発表した「社会意識に関する世論調査」だ。

 それによると、現在の日本でよい方向に向かっていると思う分野は「科学技術」が30%と最も多く、「景気」は10%で、前回、去年の調査に比べ半減した。

 悪い方向に向かっている分野は「財政」が39%、「物価」が31%、「景気」30%などで、アベノミクスのインチキが見透かされた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る