なごやかムードは“演出” 日中首脳会談が30分で終わった事情

公開日: 更新日:

 ニッコリ握手――。インドネシアで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の場で急きょ行われた日中首脳会談。5カ月前のAPEC時の冷ややかな雰囲気ではなく、なごやかムードが演出された。「戦略的互恵関係の推進」「地域の安定や繁栄に貢献」などと前向きな認識で一致したと伝えられるが、これらはすべて“デキレース”だという。

「立ち話程度といわれていたが、フタを開けてみれば、30分の着席会談だった。30分というところがミソで、日中両国が立ち話ではなく『首脳会談』とプレスリリースできる最低ライン。だからキッカリ30分で終わった。会談の中身ではなく、『未来志向』で両国が握手したというイメージを見せたかったということです」(官邸事情通)

 今回の会談は安倍首相サイドが申し込んだものだが、日中双方に思惑があり、利害が一致した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  6. 6

    安倍首相と小池都知事がリーダーだと頭が混乱してしまう

  7. 7

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る