AIIBの勢いに大慌て 「アジア開発銀」今さら“改革”の支離滅裂

公開日: 更新日:

 日本が歴代、総裁を出している「アジア開発銀行(ADB)」が、業務改革を計画していることが20日分かった。

 計画には「融資契約までにかかる期間を半年短縮」「調達手続きの迅速化」などが盛り込まれている。ADBの融資姿勢に関しては、開発途上国から手続きが煩雑で時間がかかるとの不満が上がっていた。要するに審査基準を緩和し、“使い勝手”をよくしようというわけだ。

 これまで途上国の不満の声を無視してきたのに、今ごろ、慌てて改革に乗り出した理由はハッキリしている。中国が主導して創設する「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」に57カ国が参加し、「このままでは日本はますます中国に差をつけられてしまう」と真っ青になったのは明らかだ。

 元OECD事務次長で、北東アジア研究交流ネットワーク代表幹事の谷口誠氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る