「将来」あきらめる若者が急増…際限なきアベノミクスの弊害

公開日: 更新日:

「俺は給料でオヤジを抜けない」――。若い男性たちがこうした“諦めムード”にあることが分かった。

 リクルート「R25」編集部が20~35歳の男性会社員200人にアンケート調査を実施。「将来、父親の収入を超えられると思いますか?」と聞いたところ、62.5%が「いいえ」と回答したという。3人に2人が父親の収入を抜けないというのだ。

 なぜこうなるのか。立教大教授の郭洋春氏(経済学)に聞いた。

「1990年以降、日本人の平均年収は右肩下がりで、25年間で約100万円減りました。現在の平均は420万円程度。こうした時代を反映して若者は物欲をなくし、クルマなどを欲しがらなくなったのです。これに加えて安倍政権は成長戦略を実現できず、新しい産業が育っていない。そのため自動車メーカーやゼネコンなど一部の大企業しか賃上げしていないという現実がある。この2つの要素によって、若者が“給料が上がらなくても仕方ない”と諦観を強めたと考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  8. 8

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  9. 9

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  10. 10

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

もっと見る