東京五輪に2019年問題…大会経費は「史上最高5兆円」突破も

公開日: 更新日:

「最終的に2兆円を超すことになるかもしれない」――。東京五輪組織委員会の森喜朗会長による大会経費の見通しが波紋を広げている。22日に「日本記者クラブ」の会見で飛び出した発言だが、大会経費の当初見積額は約7000億円だ。いとも簡単に3倍増の想定を言ってのけたものだが、それでも大手ゼネコン関係者は「森会長の見通しはまだ甘い」とこう言うのだ。

「建設業界で今、最も深刻な不安材料となっているのが、『2019年問題』です。実は今年から来年にかけ、都内の大型再開発事業の着工が目白押し。完成時期も五輪開催に間に合わせようと、軒並み、2019年度内に合わせています」

 五輪までの完成を目指す主な再開発事業は別表の通り。5年後に都心の街並みはガラリと生まれ変わる予定だ。

「当然、工期は新国立競技場など都内の五輪会場の新設工事と重なります。今でさえ、建設作業員が不足する中、人件費のさらなる高騰は必至。建築資材の調達も競争激化により、高値覚悟で確保しなければいけません。建築コストの上昇はこれからが本番。倍々ゲームで跳ね上がれば、利幅は縮まるばかり。ビッグプロジェクトほど採算度外視になりがちです」(前出のゼネコン関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る