日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シリア難民に1000億円 安倍政権“バラマキ外交”3年の総額

 また、お得意のバラマキだ。NYの国連総会の一般討論演説で、安倍首相がシリア難民支援に、ポンと約8億1000万ドル(約972億円)を拠出すると表明した。これとは別に中東・アフリカの紛争地域の復興支援にも約7億5000万ドル(約900億円)をはずむというから、気前のいい話である。

 シリア難民の数は400万人を突破。欧米諸国が対策に苦慮し、国連も世界中に受け入れを求めているのに、日本政府が認定したシリア難民はたった3人。湾岸戦争の時のように「日本はまたカネしか出さないのか」という声が聞こえてきそうだが、国際社会の批判も安倍にすれば“どこ吹く風”だろう。

 第2次政権の発足以来、安倍は国際機関や新興国に湯水のごとく援助資金を振る舞ってきた。別表の通り、国連で演説するたびにカネを出し、新興国の首脳との会談が決まれば必ず手土産のように資金援助をぶら下げて行く。その額も10億円、100億円は当たり前で、数兆円規模の拠出も頻繁に繰り返されているから、あ然だ。安倍が就任後に世界中でバラまいてきた資金援助の額は30兆円近くに上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事