「麻薬」の次は「戦争」を渇望か? 狂乱マネーの刹那

公開日: 更新日:
個人投資家は荒れる相場に一喜一憂(C)日刊ゲンダイ

 週明け25日の東証は前週末比152円38銭高で、1万7000円台を回復して引けた。先週の金曜日からの続騰で、2営業日続伸はナント、今年初である。

 市場はようやく、ほっと一息というか、沸いていたが、この相場は見れば見るほど、恐ろしくなる。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る