• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK初の女性会長も現実味 有働由美子が描く“未来予想図”

 “ひるイチ”も冴えまくり――。NHKアナウンサー有働由美子(46)が9日、同局で昼すぎに行われた「特集ドラマ 2030かなたの家族」(26日21時~、総合)会見に進行役として出席。レギュラー番組「あさイチ」の生放送が台風18号関連ニュースで飛んだためか、元気を持て余してうずうずしている様子の有働は主演の瑛太(32)をはじめ、主要キャストの小林聡美(50)や渡辺美佐子(82)を絶妙のアドリブ交じりでもり立てた。

 もちろん、関西人らしく笑いも欠かさない。15年後の2030年という近未来を舞台に家族のあり方を考えるドラマの内容だけに、演出担当者に向かって「ドラマの中では2030年のNHKが描かれていなかった。職員としては(行く末が)気になるところですが、15年後にNHKがなくなるということはないですよね?」と、報道陣が喜びそうな自虐交じりのクエスチョン。最後には自身がMCを務める翌週(10月3日)放送の連動企画のドキュメンタリー番組について触れ、「こちらの方も告知いただけると、大変励みになります!」と笑顔で締めくくったのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る