旭川で衝突頻発…抗争の山口組が北海道を手放せないワケ

公開日:  更新日:

「一致団結して暴力団を排さねばならない」――。先週、北海道旭川市が暴力団対策市民会議を開き、西川将人市長はこうあいさつした。会合には一般市民のほか警察官、学校関係者、弁護士ら200人が出席した。

「警察は山口組分裂の経緯を、弁護士は暴力団事務所の差し止め請求ができることなどを説明しました」(同市交通防犯課)

 北海道といえば、のどかな大陸のイメージが強い。人口35万人の中堅都市の旭川市には暴力の片鱗もないと思ってしまうが、実は衝突が頻発している。3月3日に神戸山口組系「孝昇会」の会長宅にクルマが突入。27日には孝昇会と6代目直系「旭導会」の組員が路上で小競り合いを起こし、孝昇会幹部ら6人が逮捕された。28日には旭導会事務所のガラスが割られ、4月13日は孝昇会会長宅の前に瓶の破片が散乱しているのが発見されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る