神戸山口組を暴力団指定も…むしろ過激化する“地下戦争”

公開日: 更新日:

「通常よりも手続きを早めた」──。警察関係者はこう胸を張っているそうだ。

 7日、神戸山口組が指定暴力団に認定されることが決まった。当初は6月に指定されるといわれたが、2カ月も早まった。その背景には5月26~27日に開催される伊勢志摩サミットがあるというのが大方の観測だ。サミット中に不測の事態が起こらないよう国家公安委員会が通常より手続きを早めた。これにより神戸側と6代目山口組の抗争が沈静化し、「サミット休戦」に入るのではないかというのだ。

 だが現実は甘くない。3月7日に警察庁が神戸側と6代目側を抗争状態と認定して1カ月。両組織の間で発砲や火炎瓶など21件もの事件が起きた。この動きは簡単に止められない。

「3月22日に兵庫県公安委員会が神戸山口組の組長の意見聴取を予定したのに組長は欠席。同月31日には6代目側が兵庫県警の意見聴取をボイコットした。つまり両組織とも当局に協力するどころか、対立の姿勢を示しているのです。抗争はまだ始まったばかり。“やられたらやり返せ”が建前のヤクザが“サミットだからじっとしてろ”と言われて素直に従うわけがありません」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち