神戸山口組を暴力団指定も…むしろ過激化する“地下戦争”

公開日:  更新日:

「通常よりも手続きを早めた」──。警察関係者はこう胸を張っているそうだ。

 7日、神戸山口組が指定暴力団に認定されることが決まった。当初は6月に指定されるといわれたが、2カ月も早まった。その背景には5月26~27日に開催される伊勢志摩サミットがあるというのが大方の観測だ。サミット中に不測の事態が起こらないよう国家公安委員会が通常より手続きを早めた。これにより神戸側と6代目山口組の抗争が沈静化し、「サミット休戦」に入るのではないかというのだ。

 だが現実は甘くない。3月7日に警察庁が神戸側と6代目側を抗争状態と認定して1カ月。両組織の間で発砲や火炎瓶など21件もの事件が起きた。この動きは簡単に止められない。

「3月22日に兵庫県公安委員会が神戸山口組の組長の意見聴取を予定したのに組長は欠席。同月31日には6代目側が兵庫県警の意見聴取をボイコットした。つまり両組織とも当局に協力するどころか、対立の姿勢を示しているのです。抗争はまだ始まったばかり。“やられたらやり返せ”が建前のヤクザが“サミットだからじっとしてろ”と言われて素直に従うわけがありません」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る