神戸山口組を暴力団指定も…むしろ過激化する“地下戦争”

公開日: 更新日:

「通常よりも手続きを早めた」──。警察関係者はこう胸を張っているそうだ。

 7日、神戸山口組が指定暴力団に認定されることが決まった。当初は6月に指定されるといわれたが、2カ月も早まった。その背景には5月26~27日に開催される伊勢志摩サミットがあるというのが大方の観測だ。サミット中に不測の事態が起こらないよう国家公安委員会が通常より手続きを早めた。これにより神戸側と6代目山口組の抗争が沈静化し、「サミット休戦」に入るのではないかというのだ。

 だが現実は甘くない。3月7日に警察庁が神戸側と6代目側を抗争状態と認定して1カ月。両組織の間で発砲や火炎瓶など21件もの事件が起きた。この動きは簡単に止められない。

「3月22日に兵庫県公安委員会が神戸山口組の組長の意見聴取を予定したのに組長は欠席。同月31日には6代目側が兵庫県警の意見聴取をボイコットした。つまり両組織とも当局に協力するどころか、対立の姿勢を示しているのです。抗争はまだ始まったばかり。“やられたらやり返せ”が建前のヤクザが“サミットだからじっとしてろ”と言われて素直に従うわけがありません」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る