暴力団指定でシノギ厳しく 山口組で深刻化する組員の困窮

公開日:  更新日:

「抗争のせいでシノギが厳しい」――。暴力団関係者が頭を抱えている。

 6代目山口組VS神戸山口組の抗争は7日に、神戸側が指定暴力団に認定されることが決まって新たな局面を迎えた。これで双方とも指定暴力団。もし殺傷事件を起こしたら特定抗争指定暴力団に指定され、法律にがんじがらめにされてしまう。

 それを意識したのか、8日に淡路島で開かれた神戸側の定例会では組員に「1人で盛り場に飲みに行くな」「銃や刃物を持ち歩くな」と行動を慎むよう通達が出たといわれる。

 4月に入って両派の抗争は小康状態。「サミット休戦」などといわれているが、平穏なムードの裏で組員たちは困窮しているという。今月8日、6代目系の組長が中国から偽造収入印紙200万円分を密輸して逮捕された。この事件を困窮化の一端とみる向きもいる。

「ヤクザは泥棒や強盗など素人ができる犯罪を『外道』と呼んで軽蔑している。偽造印紙はホメられる商売ではないのです。逆にいうと、ヤクザはそれくらいまともなシノギができなくなったということ。組員が強盗団を結成したり、ウニやホタテを密漁したりと恥ずべき行為にも走っています」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る