暴力団指定でシノギ厳しく 山口組で深刻化する組員の困窮

公開日:  更新日:

「抗争のせいでシノギが厳しい」――。暴力団関係者が頭を抱えている。

 6代目山口組VS神戸山口組の抗争は7日に、神戸側が指定暴力団に認定されることが決まって新たな局面を迎えた。これで双方とも指定暴力団。もし殺傷事件を起こしたら特定抗争指定暴力団に指定され、法律にがんじがらめにされてしまう。

 それを意識したのか、8日に淡路島で開かれた神戸側の定例会では組員に「1人で盛り場に飲みに行くな」「銃や刃物を持ち歩くな」と行動を慎むよう通達が出たといわれる。

 4月に入って両派の抗争は小康状態。「サミット休戦」などといわれているが、平穏なムードの裏で組員たちは困窮しているという。今月8日、6代目系の組長が中国から偽造収入印紙200万円分を密輸して逮捕された。この事件を困窮化の一端とみる向きもいる。

「ヤクザは泥棒や強盗など素人ができる犯罪を『外道』と呼んで軽蔑している。偽造印紙はホメられる商売ではないのです。逆にいうと、ヤクザはそれくらいまともなシノギができなくなったということ。組員が強盗団を結成したり、ウニやホタテを密漁したりと恥ずべき行為にも走っています」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る