神戸山口組 敵陣近くで大荒れ定例会は一石三鳥の示威活動

公開日:  更新日:

 神戸側にとって最高の自己アピールになったようだ――。

 6代目山口組と神戸山口組の対立抗争で29日、ひと悶着が起きた。神戸側は毎月、都内で定例会を開催。先月、歌舞伎町で6代目側に取り囲まれ、乱闘事件まで起きる騒ぎが注目された。その定例会がこの日、東京・台東区で開かれ、そこに神戸側の幹部など3人が上京して出席。会場の近くに6代目側組員50人以上が詰めかけて威嚇した。

「この定例会は6代目側の急所を突く意味がありました」とはジャーナリストの鹿島一男氏だ。

「歌舞伎町で開いてきた会合とはかなり性格が違います。台東区には6代目系の組織が2つあり、その1つは2007年に初めて東京の山口組の直参になった。6代目側にとって重要な組織です。その目と鼻の先で定例会を開いたということは6代目側の喉元に刃を突きつけたようなもの。これまでの定例会よりはるかに挑発効果が高いのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る